日本は大きな都市・産業・港湾地帯が臨海部に多数立地する一方で、沿岸域は自然の微妙なバランスの下、優れた景観や多様で豊かな生態系が形成されています。このような沿岸域において、地震、津波、高潮等による自然災害や事故・テロから人々の生命・財産や重要な社会・経済活動を守り、安全で活発な営みが展開される空間を形成していくとともに、環境の修復を進め、豊かで良好な沿岸環境を確保していくことが求められています。
 このため、沿岸海洋・防災研究部では、沿岸・港湾域における津波、高潮、地震等に対する防災・減災、重大事故やテロからの安全の確保に関する研究を行うとともに、沿岸域における環境の保全・修復・創出、環境の評価・管理に関する研究を行います。また、沿岸空間の総合的な利用・開発・保全を行うための計画手法に関する研究を行います。



沿岸海洋・防災研究部の紹介PDF

・海洋環境研究室 内湾域での環境モニタリングの実施と評価、生態系の保全・再生・創出方法の研究など、沿岸海洋の環境について、現地観測や数値計算による研究を行っています。
・沿岸防災研究室 津波や高潮による被害評価・減災方策の研究、確実な避難を実現するためのハザードマップの高度化などに取り組んでいます。
・危機管理研究室 災害発生時の物流ルートの確保、災害廃棄物への対応や保安対策等、緊急事態や不測の出来事が引き起こす危機に対し体制、手続、対処等について研究しています。
・沿岸域システム研究室 産業、輸送、漁業、生活などの人間活動と自然システムを調和させ、沿岸域を総合的に利用していくための沿岸域のあり方を研究しています。
     
・沿岸海洋新技術研究官
・津波・高潮災害研究官