アジアを中心にコンテナ輸送が増え、船舶が大型化する中で、構造・機能・国際競争力の強化が港湾に求められていることを踏まえ、港湾全体の利用や建設の計画、施設のあり方、より効率的な施工方法などについて研究しています。


管理調整部の紹介PDF

・港湾計画研究室 港湾貨物の輸送量の増加、コンテナ化の進展、船舶の大型化など、港湾整備にとって重要な要因の動向を分析し、必要な対策や計画を研究しています。
・港湾システム研究室 港湾貨物の量と動きを把握し、港湾の整備や港湾ネットワークの構築に役立てる研究をしています。
・港湾施設研究室 防波堤や岸壁など港湾に必要な港湾構造物の技術基準に関する研究を行っています。
・港湾施工システム・保全研究室 港湾事業を合理的に行う基準整備の研究や、港湾分野における環境負荷の少ない部材・グリーン調達品目の研究などを行っています。 (品質確保の促進、環境評価技術開発等)