国総研トップ | 横須賀庁舎トップ | 空港研究部




空港土木施設設計要領(舗装設計編)(耐震設計編)について

令和2年4月に空港土木施設設計要領(舗装設計編)の改訂予定内容の先行適用がありました。
国土交通省航空局のHPに掲載されています。

平成31年4月に空港舗装設計要領、空港舗装補修要領、空港土木施設耐震設計要領が廃止され、
新たに空港土木施設設計要領(舗装設計編)(耐震設計編)が制定されました。
(平成29年度から技術基準の電子版が国土交通省航空局のHPに掲載されています)
(国土交通省航空局のHPに新旧対照表が掲載されています)

平成30年4月に空港舗装補修要領が一部改定されました。
(平成29年度から技術基準の電子版が国土交通省航空局のHPに掲載されています)
  空港舗装補修要領及び設計例 新旧対照表

平成29年4月に空港舗装設計要領及び空港舗装補修要領が一部改定されました。
(平成29年度から技術基準の電子版が国土交通省航空局のHPに掲載されています)
  空港舗装設計要領及び設計例 新旧対照表
  空港舗装補修要領及び設計例 新旧対照表

平成28年4月に空港舗装設計要領及び空港舗装補修要領が一部改定されました。
  空港舗装設計要領及び設計例 新旧対照表  
  空港舗装補修要領及び設計例 新旧対照表

平成27年4月に空港舗装設計要領及び空港舗装補修要領が一部改定されました。
  空港舗装設計要領及び設計例 新旧対照表  
  空港舗装補修要領及び設計例 新旧対照表

平成26年4月に空港舗装設計要領及び空港舗装補修要領が一部改定されました。
  空港舗装設計要領及び設計例 新旧対照表  
  空港舗装補修要領及び設計例 新旧対照表     


各種計算プログラムについて

国・地方自治体・空港会社・民間調査会社・民間舗装会社等の皆様へ
当研究室では、空港土木施設設計要領(舗装設計編)に記載のある各種計算プログラムを所有しています。
使用においては当研究室の代表メールアドレス(このページの下部 又は トップページの右部に
記載)までメールでご相談下さい。 
わだち掘れ解析プログラム
平成29年度から導入された空港アスファルト舗装のわだち掘れ量算出方法に対応したものです。
横断プロファイルからわだち掘れ量を算出するプログラムです。

BBI解析プログラム
平成29年度から導入された空港アスファルト舗装の平坦性評価方法に対応したものです。
縦断プロファイルからBBI(Boeing Bump Index)を算出するプログラムです。

舗装構造解析プログラム

FWDにより計測された舗装表面のたわみから、空港アスファルト舗装の構造診断を実施するプログラムです。
このプログラムについては貸出を行っていませんので、下記のフォーマットを入力して頂き、
当研究室の代表メールアドレスまで送付して下さい。後日、解析結果を返信します。
(ダウンロードできない場合はメールで送りますのでご連絡ください。)
 フォーマットをダウンロードする(Excel形式:320kb)

舗装温度解析プログラム
アスファルト舗装施工中の加熱アスファルト混合物温度の推移を計算するプログラムです。





〒239-0826 神奈川県横須賀市長瀬3-1-1
国土交通省 国土技術政策総合研究所 
空港研究部 空港施設研究室



   国土交通省 国土技術政策総合研究所
   All Rights Reserved, Copyright (C) 2012, National Institute for Land and Infrastructure Management