国総研横須賀庁舎TOP研究所紹介港湾・沿岸海洋研究部港湾計画研究室>アジア−米国間コンテナ貨物流動データ分析

 

【はじめに】

国土交通省では、国際基幹航路の日本への寄港を維持・拡大することにより、企業の立地環境を向上させ、経済・産業の国際競争力を強化するため、集貨・創貨・競争力強化の3本柱から成る「国際コンテナ戦略港湾政策」を推進しています。

 令和6年2月に「新しい国際コンテナ戦略港湾政策の進め方検討委員会」最終とりまとめにおいて、令和6年度から概ね5年程度で取り組むべき施策の方向性等が示され、その中で「機動的な政策立案・評価を行うための国際コンテナ物流に関するデータ収集・分析機能の強化」が基本的な取組方針として掲げられました。これを受けて国土技術政策総合研究所では、アジア−米国間コンテナ貨物流動に関するデータ収集・分析を行い、その結果を公表することとしました。

 

データ概要・グラフ・表

各資料は下記のリンクから閲覧できます。
 (データはそれぞれ毎年・毎月の更新を予定)


年別データ
月別データ 集計方法はこちら →

 

【データ出典】

  出典:Descartes Datamyne(デカルト・データマイン)

  データマインとは、カナダに本社を置く物流に特化したIT企業であるデカルト社が提供する、米国税関から入手した船荷証券やAMS関連データをベースとして作成した米国発着輸出入貨物データベースの名称。

 



国土技術政策総合研究所 港湾計画研究室
Email : ysk.nil-haihu-j-fairway●gxb.mlit.go.jp(●を@に変更してください)